世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

久米島紬を体験見学のまとめ

芸術

久米島紬を体験見学のまとめ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

美しい久米島紬

国指定重要無形文化財
経済産業大臣指定 伝統的工芸品
地域団体商標登録「本場久米島紬」

久米島紬とは?

久米島紬の起こりは、15世紀の後半に堂の比屋と呼ばれる非凡な人物がいて、中国から養蚕産業を学びこれを広めたことから始まったと言い伝えられています。日本の紬絣技法は久米島を起点に発達し、沖縄本島、奄美大島を経て本土に伝えられ、大島紬、久留米絣、結城紬などのもととなり、日本全国に伝播されていきました。久米島紬が紬の発祥の地とも言われる所以です。いわば久米島は日本の紬の里です。

出典 http://www.kume-tumugi.com

日本の紬絣技法は久米島が発祥の地と言われています。
蚕から取った真綿を手作業でつむぎ、
つむいだ糸を久米島で育った自然の草木や泥染によって染色していきます。
染められた糸は手織りで久米島紬へと時間をかけて織り上げられます。
全て島の人たちの手作業で完成した久米島紬は着物だけではなく、
アクセサリーやお財布など手軽に使える商品にもなっています。
大量に生産できないからの価値と島の人たちの自然の愛を感じますね。

糸を染める過程で必要な分の草木や泥だけを自然から頂く考えは、
現代の私たちに必要な志だと思いました。

染料は久米島に自生する植物であるサルトリイバラ(グール)、車倫梅(ティカチ)、ヤマモモ、ユウナ、フクギなどを細かく割り、長時間かけて煎じた染液に糸を浸け、1日5~7回染めては干し、干しては染めを10日間ほど続け、泥媒染を加えます。媒染に使う泥は鉄分を含んだ特殊なもので、このような工程を数回繰り返して久米島紬特有の渋い赤みを帯びた黒褐色を得ることができます。

出典 http://www.kume-tumugi.com

久米島紬は琉球王府への上納品だった?

琉球絣は、
糸をつむぎ、染め、織る、洗濯する過程を
それぞれの専門の職人を設けていますが、
久米島紬は、
1人の織り子が全工程を一貫して担うのが特徴です。

現在はベテランの久米島紬をされている方が、
新人の教育をしており、伝統工芸品を守りながら
発展する力になっています。

ユイマール館はどこ?

久米島紬の里ユイマール館は久米島空港から反対側の場所にあります。

フェリー乗り場から車で15分
久米島空港からは車で20分

住所: 沖縄県島尻郡久米島町真謝1878-1
駐車場: あり

体験ワーク&見学

開館時間はいつでも見学や体験ワークができます。
1時間以内で久米島紬を体験できるので、
久米島のお土産にも最適です。

ユイマール館には種類豊富な久米島紬の商品が販売されいています。
色や形も色々なのでお気に入りを見つけて購入してみてください。
自分だけのオリジナルが見つかりますよ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ